RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
私事(顎関節症)。


まとめて1つの記事にしようかと思ったんですが、
カテゴリーを分けた方がいいかな、と思ったので
記事を分けて書くことにしますf^^;
まずは私事・・・な記事です。
顎関節症のお話がメインで、
私事な内容なので、興味のある方だけ追記へどうぞ^^



顎関節症ということは以前書きましたが、
これから「顎関節症」のキーワードで
ここへきて下さる方がいるかもしれない、
と思ったので、まずは自分の症状を少しだけ詳しく
書いてみようと思います。
顎関節症にもいろんな症状があります。
人によって症状や不定愁訴、不定愁訴の度合いなども
違ってくると思います。
私の場合は、ロック(口が全く開かなくなる・または閉じなくなる)
の症状はほとんどでませんが、
常に下顎が不安定です。
噛み合わせるたびに歯と歯の当たる部分が
違ったり、変なところに当たったり、
まともに噛み合わないような状態なので、
ものが普通に噛めず、
今も柔らかいものしか噛めません。
調子の悪い時はお粥やうどんなどの
噛まなくてもいいものを食べます。
なので、激痩せしてしまってますが;;
あとは、何もしていなくても顎がだるい、違和感がある
自分の意志で動かしづらい、動かせない、
という感じで、食べたりしゃべったりというような
顎を動かす状態を続けると
だんだんと顎が疲れて動かなくなってきます。
「噛む」という動作をする際に使う筋肉は
こめかみや側頭部辺り?や
耳の前から顎の先にかけての辺り、
顎の下〜首の辺り、だったと思いますが、
こめかみ周辺にある部分は
こめかみをギューっと押されてるような
偏頭痛のような症状を引き起こしたり、
耳周辺だったら、蝶番の関節部と耳の奥が近いため
耳が気圧の変化なんかでこもったような感じになったり
耳鳴りがするような時もあります。
また、そういった症状に伴う不定愁訴も
私の場合特に強いです。
首〜肩〜背中にかけて、
「凝ってる」という状態を通り超えて
攣ったような酷い痛みとだるさが出ます。
酷い時は首を動かすたびに激痛があったり。
腰から下は、腰から上に比べればマシですが
体が硬くなったというか、そういう感じがあります。
出来るだけ、短時間でも、ストレッチのような感じで、
筋を伸ばすように動かしたりしています。

とまぁ私自身の症状はこんな感じなのですが、
顎関節症で酷い症状や不定愁訴がある、
食事が困難で激痩せ・体力低下している、
日常生活に大きな支障がある、などの場合
ものすごく大きな不安感や恐怖感があると思います。
私自身ももちろんあります。
というのも、顎関節症って、
・治療法が確立されていない
・完治しない
とされているからです。
なので、一生このままなんじゃ・・・
一生まともにご飯も食べれないんじゃ・・・
一生この不定愁訴が続くんじゃ・・・
などなど、不安が大きくなるわけです。
スプリント(マウスピース)を使った治療方が
一番一般的ではありますが、
それにしても
人によって劇的に効果があったり、
特に効果がなかったり、
はたまた悪化してしまう、
といった具合のようです。
そして、噛み合わせの治療で歯を削ったり
矯正をするなどの不可逆的な治療は
悪化してしまう恐れもあり、
悪化してしまった場合でも
元には戻せないため、危険でもあります。
そのため、一番安全な治療法は
不可逆的なことをなにも行わない、
「経過観察」
という、なんとももどかしいものなのです。
私は歯科治療中でもあるので、
どうしても「何もしない」わけにはいかないのですが、
口腔外科に通いつつ(薬のみで経過観察)、
歯科治療を進めていく
という感じなので、
調子を崩したり少し持ち直したりと
波が激しいんですが、
良くなる気配はいまだなくて
そこが本当に辛いところであります。
ちなみに薬は筋弛緩剤と痛み止めです。
あと、目に見える部分での変化がなく
(私の場合は激痩せしたのでその点での変化はありますが)
周りの人に分かってもらえない、
それどころか歯医者でも分かってもらえない、
ということも辛さを抱え込む要因になると思います。
また、そういった場合に、
顎じゃなくて精神的な問題ではないのか
と周りやお医者さんに思われてしまうことも多いようです。
でも、誰でも、痛みや苦痛があり、
食事もままならない状態になれば
精神的に辛くなるのは当たり前です。
そういうことを、お医者さんを含めた全ての方に
理解して欲しいと、心から、切に願います。

今、私と同じような状態で苦しんでる方は
沢山いると思います、
私より辛い症状がある方も沢山いると思います、
でも、いつか日常生活に支障がなく、
食べたいものがおいしく食べられる日が来ると信じて
がんばりましょうね!!


これから、顎関節症のことについても
書いていきたいな、と思ってます。




author:IRIE NAIL 管理人☆凛☆, category:顎関節症, 16:27
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:27
-, -
Comment